スポンサーサイト

  • 2016.08.14 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    コノハナサクヤヒメからのメッセージ20150811

    • 2015.08.15 Saturday
    • 00:00


    2015年8月11日(火)
    コノハナサクヤヒメ様からのメッセージ(自動書記)

     何かを祈る時、その求めている事が本当に望んでいる事なのかについて考えた事はおありでしょうか。願いとは、その意図が願う内容と合致していなければ叶う事はございません。表と裏…即ち顕在的な意識領域で思う事と潜在的な意識領域で思う事が合致しない時には潜在的な意識領域で思う事、つまりは無意識に思う事の方がより強力に働きます。その事に氣づき、表と裏の意識を統合する流れとなると、現実に数多(あまた)の奇跡が起こり始めるでしょう。二面性を受け入れ統合する流れとなれば、必然的にその様に整ってくるものなのです。表と裏の統合とは、無意識に自動的に繰り返される認識の独自性…癖に氣づき、自分自身を欺き続ける事を終わらせるという事です。自らを欺かなくとも生きる事が出来るのだと知る事です。

     この度、ご主人と貴女が富士の地に訪れて、祈り合わせを行う事となりましたのは、不二の統合に関わる氣を授かるためでありました。不二とは、二つではない…つまりは統合された意識の事を示しています。あらゆるものがこの現世(うつしよ)では二つある事から始まっております。あらゆる側面でこの世が二つである事が皆様の意識の成長を促すための鍵となっております。聖なる内にも必ずや邪(よこしま)が在り、邪(よこしま)なる内にも必ずや聖が在るのです。それは、その事を真に腑に落とし、二つである事を越えた意識の領域…愛と調和に満ちた光一元の世界を認識して行くために定められし愛に基づく宇宙の法則なのです。ですから、闘いに終始するのではなく、闘いを越えた領域に見える真の神の働きを見る事が必要なのです。今、富士の地に不二の氣が上手く循環せずに滞っておりますのは、未だ数多の現世(うつしよ)の住人たちの意識の状態が闇の意識と同調しやすい状態にあるためです。あらゆる者たちが上手く循環せずに氣が滞っている状態を解消するために働いてくれておりますが、お二人もさらに意識的に働いてゆく事が必要となっております。ですから、ご主人と貴女に人心を真に不二とするために必要となる氣をお授け致しました。出逢う人々の意識が真に不二となる様に働きかけて行く事こそが、お二人の魂が定められし重要な働きのひとつでありましょう。

     これまでも、そしてこれからも、お二人は多くの地を訪れる事により自らを開き、さらには他者をも開きゆくでしょう。これまではどちらかと云えば自らを開きゆくためでしたが、これからは自らが開く結果として周りが開きゆく力がさらにさらに高まってゆくでしょう。

     お二人が和して一致した意図と目的のために行動し働いてゆく事は、ご自分たちが思うよりもとても大きな影響となり、これよりさらに拡がりゆくでしょう。そして必要な器、出逢い、機会に今まで以上に恵まれてゆくでしょう。神の理…宇宙の法則を受け入れ、あらゆる領域で同調しながら生きる事を感得し率先して行い、人生とは己の意識次第で誠に楽しく喜びに満ちたものとなるのだと体現し続けてくださいませ。

     何時でも己の未熟さと向かい合い、最高最善の自己を体現しよう成長しようとする真摯な姿勢を忘れずにいらっしゃれば、必ずや必要なものは与えられてゆくでしょう。

     











     

    大天使ガブリエルのメッセージ20150401

    • 2015.04.01 Wednesday
    • 03:20


    2015年4月1日
    大天使ガブリエルさまからのメッセージ〔自動書記〕



    今日、私のことに氣づいてくれてありがとうございました。



    私から申し上げたいことは、あなた自身も私が守護していることを知り、もっともっとつながろうとして欲しいということです。

    あなたはこの所、ご自身がメッセージを書き留めることに対してあまり積極的ではありませんが、このメッセージを受け取る感覚をさらに磨いてゆくことは、あなたのためだけではないのですよ。

    あなたのためだけではありませんが、あなたのためでもありますし、あなた自身がそのことを本当は望んでいることに氣づいてください。

    どうしてメッセージを受け取ることがそんなに氣になるのか・・・今までの流れがどうしてそういう流れになってきたのかを考えてみるとわかるはずです。

    それは、すべてあなたが心の奥底で望んでいることだからです。



    人の目を氣にすることは本当に少なくなりましたが、ご自身の働きを拡大させることに関してはまだまだ消極的だと云わざるを得ません。

    謙虚・・・という言葉では真に適切ではありませんが、あなた自身どこか受動的な部分があることをわかっているのではありませんか。

    チャレンジをすること、考えるばかりでなく、ともかくはじめてみる、行動することをさらに実践してゆくことで、あなたの受動的な部分を意図的に能動的に切り替えてゆくことですね。

    あなたの性質を変えるわけではなく、意図的にバランスを取ってゆく術を身につけてゆくこと、そしてそれを同じように進んで行く人にシェアすることを忘れないでくださいね。



    どなたにも言えることですが、誰もが人の目を氣にします。

    ですが、ご自身がどう在りたいのかということが最も大切なことなのだということを、あなたもお氣づきでしょう。

    あなたがあなたらしく生きることをもっともっと許可すればするほど、あなたが考えるよりももっと素晴らしい想いもよらないことが普通に起こってくるでしょう。



    私は必要とする方の傍らに居ります。

    あなたがあなたの天啓を得るセンスをさらに磨こうと意図するならば、私はあなたを助けます。

    天啓を得るセンスを磨くことを望むのか、望まないのか、それはあなたの心次第ですが、私はあなたのメッセンジャーとしてのセンスをさらに磨いて、それを他の人にも伝えて欲しいと願っています。



    やがて・・・あなた方の人間としての生を越えた時の果てには誰もが我即神也の境地に至る時が来て、メッセージを伝える役目などは必要がなくなってくるでしょう。

    けれど、今、この時には、氣づきを得た人がご自身の方法で天啓を広めようとする人間的な努力が必要なのです。

    しかし、天啓を表す神の仕事はすべての人の御業の中にあり、そこに特別なものは何もありません。

    あなた方が日々行なうその御業、そのすべてが神の仕事であり、すべてのことに天啓を得て表して生きることができるのです。

    そこの所を思い違いをなさらないように、お氣をつけてご自身の心を見つめていただきたいと思います。



    お一人の力は微量だと感じるかもしれませんが、あなたが変わることが世界が変わることなのだと、どうかどうか氣づいてください。

    さらなる意識領域の拡がりをご自身に許す時、さらに新しい世界が眼前に拡がりゆくでしょう。

    魂の望む衝動を抑えずに感じてみてください!

    そこには大きな大きな可能性、JOYがあるでしょう。

    人生に感動とワクワク感の占めるスペース領域を拡げてゆきましょう。



    私は傍らに寄り添い、あなたと共に在る者です。

    いつでも私に意識を向けて、名前をお呼びください。


     










     








    3月31日にセッションさせていただいた方に大天使ガブリエル様からメッセージがあり、それをお伝え致しました。

    帰って来てからどうも私にも何かを伝えたいというサインがやって来ていたので、久し振りにお話してみようと思いました。



    こういう形で受け取るのは本当に久し振り・・・



    この所、他のことで忙しいという理由付けをしてメッセージを意図的に受け取ることをしていなかったのですが、やりなさいというメッセージが何度も来ていました。

    これを機会に無理のない程度に少しずつ行なっていこうと思います。
















     

    大天使ラギュエルのメッセージ20140903

    • 2014.09.03 Wednesday
    • 22:10
    2014年9月3日
    大天使ラギュエルさまからのメッセージ〔自動書記〕


    心を今へと戻していらっしゃい。

    心が過去や未来へと飛び回っている時には、今起こっていることに対峙するパワーは必然的にダウンします。

    心の状態が毎瞬あなたを創造しているので、今ここに意識がない状態であれば、現実を想像するパワーも削がれている・・・このことを本当の意味で理解されているでしょうか。

    目の前にあることに取り組まず、これから先のことばかりに心を苛まれるということが、いかに自分のためにならないか・・・ということをわかってほしいのです。

    もちろん、ご自分の人生ですから、私たちが何かを強制することは決してありません。

    ですが、いつまでも意識をふらつかせている状態というのは、結局はあなたの心の中に揺らぎなき軸が構築されることがなく、いつまで経ってもふらついて、メトロノームのようにいつもいつも揺れている・・・ということになるのです。

    何かがあるとすぐに自信を失ったり、また取り戻したりというのは、周りの評価を軸に生きているということなので、心の内側を見てみると、いつも穏やかではいられずにすぐに落ち込んだり、また何かを期待して高揚して・・・得られないことでまた落ち込んで・・・といったことをいつも繰り返しています。

    ご自分が感じる人の目とは、一体何なのでしょうか?

    ご自分の軸、ご自分の信念に基づいて生きることを、どうしてできないと考えるのでしょうか?

    そして、すぐに結果を求めて辛くなってしまうのはどうしてでしょうか?

    あなたが何かを出来ない、不可能だ・・・と考える時、いわゆる常識と呼ばれる、それぞれが持っている概念を機軸に世界を見て、可・不可を判定しているに過ぎないので、本当に常識という概念ほどあやふやなものはないのですよ。

    ご自分が見ているこの現象界のことだけが世界のすべてのことではないのですよ。

    ご自分の構築した世界の中ではそうなのかもしれませんが、他の視点を持つ魂が見ている世界では、ご自分が想っている常識的な判断というものは同じではないのです。

    それぞれが、それぞれの感覚を持ち合わせていて、誰一人として同じ感覚を持っている人はいません。

    それぞれがご自分の感じたいことを感じ、ご自分の軸、ご自分の信念に基づいて生きています。

    ですが意識が拡大していない状態の場合、様々なものに制約されています。

    制約はあなたの意識の内に在る概念と呼ばれる信念体系で、多くは環境要因、そして一部はご自分の肉体のご先祖様から受け継いだものです。

    本当は皆様それぞれが、ご自分の感じたことを素直に感じてもよいのだし、ご自分の軸、ご自分の信念に基づいて生きていいのですが、ほとんどの人が概念という名の信念体系に縛られて真の自分の人生を生きていません。

    皆様がどのように決めたとしても、ご自分にとって最高最善のことしか起こりようがないのだし、失敗だと想っていることはご自分がそのように決めているだけのことなのです。

    そのことはすべての存在が魂のレベルでは知っていることなのです。

    人間として生きるこの世界は、すべての存在の・・・魂にとってはよい学びの場、体験の場です。

    すべてのこと…たとえネガティブと感じることや失敗だと想っていることがあったとしても、それを含めたすべてのことがあなたの成長の糧となっているということがわかるでしょう。

    写し鏡としてあなた自身の置かれた環境を見渡してみると、ご自身の成長への鍵がみつかることでしょう。

    そのことを今より高い意識の領域から深く深く感じてみてください。

    宇宙とのつながりや聖なる存在に意識を向ける時間をとりましょう。

    認識によりご自分の世界が構築されているということに意識を向け、より一層昇華するようにしてみてください。

    まずは私には出来ないという言い訳をすることを止めてみましょう。

    それだけでもご自分の中にかなりのエネルギーが残るということを感じてみてください。

    ご自分のエネルギーをご自分の人生を生きること以外のこと…瑣末なことに捉われて人生の質を低下させることを終わりにしましょう。

    ご自分のことを信じる力は、すべての人に等しく与えられていることを知ってください。

    ひとりではないということを知ってください。

    もし人生において結果を伴わないと感じていることがあるとするならば、それは結果に向かう道程を楽しめていないのかもしれません。

    なぜなら、向かう道のりを楽しんでいる時には、結果が出ないということばかりにフォーカスすることはなく、道程の風景を楽しむ意識であるからです。

    どうか、結果を求めるばかりではなく、道程を楽しめることを行ってください。

    それは、お仕事としてかもしれませんが、お仕事とは限りません。

    ご自分が結果を求めず楽しめることは何ですか?

    結果を求めるのではなく道のりを楽しみながら歩いてゆけるものは何でしょうか?

    皆さまが人生の質を向上し、楽しみながら歩いてゆけるように祈っております。

    いつでも私に意識を向けてください。

    愛と光ともに。


     



     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM